読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんとうびょう記

僕の未来で 君が笑えますように

悩みは続くよ 病院決めまでの道その1~ファーストオピニオンreprise

落ち着いてブログに向かえるのは随分久しぶりです。

GW中にファーストの医師に

セカンドを踏まえて改めて話を聞きに行きました。
セカンド受診は4/8だったので相当時間経ってますね。


今これを書くために調べて自分でも驚いた!!
一カ月経っていたんですね!Σ(・o・;)ノ
なんかちょっとショックだけど、
これはきっと、平日に仕事を休んで予約を取ってまで
動くことができなかったのかなあ、と。


心理的にというか、たぶん知識不足で医師に会っても得るものが少ないと
一番思っていた時期なんだと思います。
子どもを寝かせてから、毎晩のように午前2時くらいまで本を読み漁ってたしね。
疲れてブログ更新する気力がなかったね。

 

閑話休題
ファーストに行った話です。

主治医に会うのは告知以来2度目です。
一度目がイコール告知、って感じで
自分では冷静に話を聞いてメモを取っているつもりだったけど、
後になって知識がついてくると、肝心な話はなにもできていなかったなと
思い当たることが多く。

いろんな本を読んで知恵をつけた結果、
一人で診察室に行くのはよくない、という結論に思い足りました。

2週間前から信頼できる知人(私にも居た!)のスケジュール調整をお願いし、
外来師長さんにも同席いただいて、
複数で医師の話を聞く態勢を整えました。

いざ、話せー!

改めて病気の説明から入ってもらい、
一区切りごとに質問し、最初よりも詳しく説明してもらいました。

・非浸潤乳管癌(DCIS)、ステージ0、所見は石灰化のみ

・石灰化はしこりとはなっていないため、現段階では大きさの判断基準とはしない(そうなのか?)
・病変の位置は乳房下部(時計で言うと6時のあたり)が中心
・基本は「部分切除(センチネルリンパ節生検あり) + 放射線 + ホルモン療法(タモキシフェン)」
・あくまで術前検査の段階での仮診断であり、予定より大きく切除する可能性はある
(術後目が醒めたら全摘だった、ということも可能性としてゼロではない)
・センチネルは3個取って調べたい。
2ミリ以上の転移があれば「リンパ節転移あり」と判定するが、
3個すべてに転移が見られない限り郭清はせず、
水緒の場合はその可能性は非常に低い。

気になっていた面皰壊死のことを訊ねると、
「増殖能の恐ろしく高い状態で、生まれるそばから死んでいく状態。
決して悪性度は低くないので、注意が必要」的な説明だった。
あまり気にしてないのかな? 私は気になってしょうがないけど。
このこともあって全摘も考えたほうがいいのかと迷うぐらいにはね。

医師の結論としては、
「まずDCISで間違いないだろうと思われるので、病理的には部分切除で十分。
ただ、場所的に整容性は非常に保たれにくいので、

その点を考えると、部分切除のつもりで全摘になるより
最初から全摘で再建した方がいいだろうから、
そこは自分で決めてください

 

・・・・え?
こんな大事なことを、自分で!?
これだけの情報で!?

せめて手術された方の体験とか写真とかなにかないんでしょうか。
どこか相談できる場所は紹介してもらえませんか。
先生の手術数はどのくらいなんでしょうか。
と尋ねましたが、
「うちには患者会も相談できる場所もありません」
「写真もありません」
「私が年間担当しているのは7例くらいです。
エキスパンダー入れる程度なら私でも出来るので、
形成外科の医師は通常切除手術の時は立ち会いません」

なんてやり取りをしている間に看護師さんが

「これをご覧になっては?」

タブレット端末を持って来てくれました。

医師が知らないだけでちゃんと資料があるんだー!

と喜んで受け取ったら、

ネットでググられた「乳房再建体験ストーリー」のサイトでした。。。

すんごい嬉しそうに(と、その時の私には見えた)見せに来てくださったので、

その場では「ありがとうございます。自分でも調べてみますね」と言いましたが、

内心はガッカリ。。。ネット検索できる情報なら自分で探せるよ。。。。

 

形成外科の予約を取るようなこともなく、
その日は帰されました。

最後には自分で決めるってそりゃそうだけど、
あまりにも情報がなさすぎるというか。

『整容性が保たれない』って言われても
どんな様子だか全く想像できないのに
自分の許容範囲内かどうかどうやって検討すればいいのやら。

医師の話し方や対応はとても誠実で
噓なく答えてくれている気がして安心はできました。
そういう意味ではここでお願いしようかな、という気持ちが膨らんできました。
この日とその翌日までは。

 

時間がたつにつれ、やっぱここではちょっと。。。

センチネルはやらなきゃいけないのかなあというループに陥る。