胸のなかの銀河

告知を受けた時。
見せてもらったマンモグラフィの画像には、
医師が「このへんが石灰化ですね」と指差す場所に
星を散りばめたような銀河が映っていた。。。

以下、3月(多分告知の翌週)のメモより転記。
久しぶりにブログ読み返してみたけど、
やっぱり今の日付で残します。

――――
めっきりクサクサします。
何を言っても本当で
何を言ってもちょっと違うような、
思春期女子みたいなことばかり考えてます。

世界が反転した感じ。
やっと本来の問題に向き合えると思ったのに
全部持ってかれました。

誰にサポートしてもらうべきか
を、まず考えています。

ここから考えないかんのがひじょーに面倒で
ひじょーに情けないが
未来の自分のためには仕方がない。
全力で考えよう。

にわか知識を与えないで。
はじめての経験でただでさえ忙しいんや。
不安定な状態で不安定な人に寄り添われては、
不安定な治療しか選べなくなる。

楽しい会話をして。
一緒に落ち込んで欲しくない。


最初にこの順に頭をよぎった。
余命→子ども→仕事

誰でもいいから聞いてくれ。
一人で抱えたくない心境。

――――

2週間後に銀河切り取り、決定しました。

術前段階の仮診断:
左乳房非浸潤乳管癌Stage0(Grade2)
術式:
左乳房乳頭乳輪温存切除術+一期二次再建術(エキスパンダー)+センチネルリンパ節生検

週末アートヌードフォト予約しちゃいました。
出来が良かったらアップしますね。

(どーでもいいけどここ書いてるとき
「死んだん」とか「終末」とか誤変換されてちょっと苦笑
空気読めよPC!)