読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳ガンとうびょう記

僕の未来で 君が笑えますように

ふわふわする日

昨日は保育園最後の日で、今の部署も最後の日でした。

お別れ会の後、クラスのみんなで食事会をして、
席の並びが良かったのか、
7年振りくらいに気持ちよく酔っぱらいました。
11杯までは覚えてます(笑)。

今日は一日二日酔い。
起きて暫くは調子がでなかったけど、
午前中のんびり過ごしたら意外と大丈夫だった。
軽く身体がふわふわする感じで
楽しかったです。

午後、カウンセリングで病気のことを話しました。
仕事のストレスを回避できることが濃厚になった今だから、
がんも安心して(?)レントゲン写真に写れたのかもしれない、とか
今までのやり方ではいけないと知らせて生活をスローダウンさせるためにはこの病気が必然だったのかもしれない、とか
考えてきたことを話すうち、
自分なりに病気が見つかった意味やタイミングを整理できた1ヶ月だったのかも、と思えてきました。

カウンセラーからは、
「告知から今までで自分なりに知識を得てここまで整理できてることに安心した。
このまま信じていけば問題ないんじゃない」と、
太鼓判をもらいました。
二年前、某カウンセラーに『ガードが硬い』と匙を投げられたこともあったんだけど、
何だったんだろうね。
イメージを重視してそのなかで行動することで過去をとらえ直そうというかつてのやり方よりも、
言葉のやり取りや会話のなかで過去やイマヲとらえ直す今のやり方の方が
私に合っているということなんだろうな。

夜は、家具屋さんに子どもの教科書をしまう収納棚を見に行きました。
あいにく欲しいものが品切で買えなかったけど、
気分を変えるために新しいテーブルクロスやランチョンマットを子どもと二人で選んだり、入院グッズも少し買いました。

春だし新学期だし、
眺めて気持ちの上がるものに囲まれないとねー。