読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんとうびょう記

僕の未来で 君が笑えますように

それでも知っていて欲しかった

保育園終了まであと半月を切りました。
明日は年少年中組と一緒にお別れ遠足。
5時起きでお弁当作りです。

このところの4~5時間睡眠では作業効率が悪いと思い、
ちょっと早めに布団に入ってます。
が、いつもの(?)まだ寝ようとしたくないモード。


今週は月で一番忙しく、
今日は特に忙しく、
そして久々、例の上司に怒鳴られたりしておりました。
もうほんとやめて病気悪くなる。。。


そんななか、病気のことをずっと言いたかった同期と、
やっと今日話せました。

同じフロアだけど別の部屋で、
殆ど会わなくなっちゃったから
なかなかタイミングがなくて。
わざわざ訪ねていって仕事を中断させてまで言うことでもないし。
事務の私と違って昼休みも定時じゃないから
昼休憩を狙ってってわけにもいかないし。

と数日気にしていたわけなんだけど、
今日はあまりの忙しさに私が昼休み返上で仕事して、
お弁当だけ食べようといつもの場所に行ったら、
向こうから私を見つけて、
聞いてーとばかりに仕事の話を始めた。

仕事が山積みで自分の今の力では到底納得のいくレベルではこなせないから、
どれも中途半端にするより部署としてクオリティーを保ちたくて上司に相談したら、
うん、まあ、やるしかないよね
と何度も言われて終わり、
どうしていいかほとほと困ってる
とかなり参った様子。

このタイミングで私の話に持っていくのも
なんだかなあと思いながら、
でも次いつ顔を合わせてプライベートの話ができるかも分からないので、
私の話も聞いてくれる?
と、病気のことを切り出した。

すんごい心配してくれた。

仕事が大変なときに心配事を増やして悪かったけど、
どうしても伝えたかったんだと思った。

これを伝えたい、知っておいて欲しいと思うのって、
やっぱただの自己満足やろうなとも思う。
言った方は満足するし、闘う準備の一環ってかんじだけど、
言われた方は自分が病気になったわけでも代わりに闘えるわけでもないのに、
要らん荷物背負わされたような気持ちになるんじゃないかと。

でも、伝えたかったんだんだけどね。
ありがとうな。