読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんとうびょう記

僕の未来で 君が笑えますように

いちばんしあわせだなあと思うとき

会社の昼休み、役所の人に電話して、

今月中に一度会って入院前後のことを相談することになりました。

 

子どもに(そしてできれば自分自身にも)、

なるべくストレスのかからない方法を選択したいと思うけど、

何かを犠牲にせねばならず、

優先順位の見極めが際どいところです。

 

夕食後、昨日は落ち着いて見られなかった卒園記念帳を子どもと眺めました。

定番の、将来の夢や親からのコメント以外にも

おともだちからみた○○さん

という項目があって、

回りからはこう見えてるんだー、と新鮮だったり。

 

昨日の卒園式では、

保護者からの歌のプレゼントとして

子どもたち一人一人を歌詞に入れた替え歌を披露して盛り上がりました。

 

その歌を家で子どもがアレンジして即興で歌っていて、

お互いを意外とよく観察してるもんなんだなと感心しました。

自分が年長の頃って、あんまり回りに関心なかった気がするなあ。

(それどころじゃなかったのもあるだろうけど)

 

で、得意なことや好きなことの話になり、

「何をしてるときがいちばんしあわせだなあって思う?」

と何気なく尋ねたら……

「お母さんの笑った顔を見てるとき」

との答えが!

てっきり「大好きなイチゴを食べてるとき」とか言うのかと思ったのに。

「イチゴよりも大事」なんだって。

 

土曜日の告知から今日で丁度一週間。

今週はなかなか笑顔ってわけにいかなくて、、、

 

検査の結果が出揃うまでは、なるべく子どものために時間を使いたい、

と思った夜でした。